新人類世代のオヤジ日記のトップに戻る

「四季報(ワイド版)」を買ってみた

「株の売買をするなら、最低限『四季報』を買え」が常識なのか分かりませんが、そのような風潮があるので買ってみました。3月の時は家族には内緒で株ゲームを始めたこともあって、分厚い「四季報」の存在は困るのです。6月に入ると3月決算の企業から続々と決算書が郵送されてきたので、家族には「ちょっとだけ株を買ってみたけど、もう売ってしまった」と説明。株ゲームをやっていることを少しずつ明かして行って、「儲からないけど損もしない」程度でやっているということで着地。


さて、分厚い「四季報(ワイド版)」を買ってみましたが…


書かれている情報は…


楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」で見ることができる情報と全く同じです。というよりは「四季報」を「iSPEED」で見ることができるが正解。

今までもマネー誌なので取り上げられている銘柄を「iSPEED」で検索して「四季報」をチェックしていました。

つまり分厚い紙の「四季報(ワイド版)」は特に必要としないわけですが、「四季報」をぱらぱらとめくりながら「紙の四季報の使い道って何だろう」と考えてみました。

情報を知りたい銘柄が既に決まっている場合は「iSPEED」がとても便利です。特に決まっていなくて「何かないかな」と漠然と銘柄探しをするなら紙の「四季報」が便利です。

それと「四季報(ワイド版)」なら文字が大きいので目が疲れません。気楽にメモ書きできます。ただし、分厚いだけあって、特定の銘柄が書かれているページにたどり着くまでに時間が掛かります。

枠外に四半期ごとの業績評価が書かれていて、それを目安にすれば買いなのかの判断材料になるのですが、今の荒れた相場だと役に立つ情報なのか大いに疑問です。ただし、株価を下落させる理由にされている可能性はあります。

カテゴリ : 書籍など

※メールでの受け付けは取り止めました。質問、問合せなどはツイッターでお願いします。

ミニベロおやじの写楽です。購入したデジカメは50台、自転車は11台。ブロンプトンで日本一周を達成、ブルベのSR達成。最近はデミオDで遊んでいます。雨の日は映画三昧。アウトドアも始めました。

検索

HOME | 超初心者が株を買ってみた | 書籍など